ごみが活きカエル お問い合わせ 0467-77-1847
本文へジャンプ

プラターンの森計画

再生固形燃料化事業で排出抑制できた二酸化炭素の量を、同じ量を吸収する杉の森であらわし、この仮想の森の維持拡大への取り組みを『プラターンの森計画』と呼びます。
※「プラターン」はタズミで製造するRPF・再生固形燃料の商品名です。
プラターンの森計画と実績
プラターンの利用による二酸化炭素の排出抑制効果は、
再生固形燃料 1トン
二酸化炭素 2トン
の排出抑制
      ※詳しくは、下記の ” 再生固形燃料化事業 3つの効果”を参照ください。

この、2トンの二酸化炭素を吸収固定するために必要な杉の森の広さ・本数は、

二酸化炭素 2トン
杉の森 2,100m2 杉 約200本
産業廃棄物 収集運搬・処分業、一般廃棄物 収集運搬・処分業、燃料製造業

プラターンの利用により、どれだけの杉の森を一年間保全した事のと同等の効果があったのか。

プラターン 杉の森
CO2排出抑制量

CO2吸収固定量
'16年度 10,461トン 20,830トン 21.9ku 219万本
'15年度 10,110トン 20,129トン 21.2ku 212万本
タズミ本社のある綾瀬市の面積(22.28km2)に相当する杉の森.を維持保全することになります。今後もプラターンの森計画を通して、ゴミ燃料化の有効性をPRして参ります。

再生固形燃料化事業 3つの効果
ゴミは全て、焼却処分、
発電所は、全て重油を使用
ゴミの一部を燃料化し、
発電所で重油に替わり使用
燃料化産業廃棄物 収集運搬・処分業、一般廃棄物 収集運搬・処分業、燃料製造業
T、直接効果-1:焼却ゴミの減量
焼却場で燃やしていたゴミをプラターンにすることで焼却ゴミが削減されます。
産業廃棄物 収集運搬・処分業、一般廃棄物 収集運搬・処分業、燃料製造業
U、直接効果-2:化石資源の節約(重油使用量削減)
プラターンの発熱量に比例した重油の使用量が削減されます。
'16年度実績
10,461トン出荷


発熱量
'16年度実績
重油換算
7,313キロリットル
(ドラム缶:36,563本分)
節約
V、間接効果:二酸化炭素の排出抑制効果
節約した重油から排出されたかもしれない、二酸化炭素の排出量が抑制されます。
タズミのプラターン 1トン(重油約700リットル相当分)で、約2トンの二酸化炭素排出量が削減(抑制)されます。
’16年度実績
重油換算
7,313キロリットル
(ドラム缶:36,563本分)
産業廃棄物 収集運搬・処分業、一般廃棄物 収集運搬・処分業、燃料製造業
’16年度実績
二酸化炭素排出量削減(抑制)効果
20,830トン
 
PageTop▲ページトップへ
   神奈川県綾瀬市吉岡709番地
株式会社タズミ